AGAになったんだって

AGAとハゲと植毛について

薄毛ともハゲとも呼ばれることがある男性の脱毛症の中で、最も患者数が多いのが、男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は、最近ではAGAと言われることも増えています。
男性型脱毛症の治療を行う専門のクリニックは、日本全国にあり、多くの患者が訪れています。
専門クリニックでは、患者に合った様々な治療が行われています。
数年前までは、外用薬による治療が多かったのですが、最近は、内服薬による治療を行う患者も増えています。
ただ、外用薬や内服薬による治療を行っても、薄毛の症状が改善されない人もいます。
そのような場合、植毛という選択肢があります。
植毛は、健康な部分の毛髪を、脱毛の症状が出ている部分に移植する治療方法です。
植毛の中でも、自分の毛髪を利用する自毛植毛は、仕上がりがとても自然なので人気が高いです。
植毛手術をしてから1ヶ月から2ヶ月は、ヘアサイクルの中の休止期になります。
休止期なので、植毛した毛髪は抜け落ちます。
しかし、毛髪が抜け落ちるのは正常なプロセスなので心配ありません。
その後、成長期に入ると、髪の毛の成長が始まります。
植毛の手術を行ってから、半年くらいで発毛が完了します。
最初は、細くて短い毛であっても、徐々に太く濃い毛に成長します。
効果の高さから植毛の施術を希望する人も多いのですが、痛みを心配して施術を躊躇する人も少なくないのです。
しかし、施術は局所麻酔をしてから行うため、痛みの心配はほとんどありません。
ほとんどの専門クリニックでは、施術前に無料カウンセリングを行っています。
施術について不安な点がある場合は、無料カウンセリングの時に医師やカウンセラーに相談することができます。
最近は、メール相談を受け付けている専門クリニックも増えています。