AGAになったんだって

AGAは自分で気づけるのか

頭髪が薄くなりますので当然気付けますが、もうちょっと前にその傾向があったはずです。その傾向こそ気付いてほしい兆候になっています。それに気付けるか気づけないかによって、AGAの改善率もまったくと言っていいほど変わってきます。その兆候こそ気付いてほしいです。

その兆候は抜け毛でわかります。抜けた頭髪を手に取って観察をしてください。細くなっている、先は尖っているような抜け毛に出会った場合はAGAの可能性が高くなります。細くなっているのはそれだけ成長ができなかったことを意味し、先が尖っているのは頭髪を切らないまま抜け落ちたことを意味します。個人差はありますが、髪の寿命は3~6年ほどと言われており、そうみるとかなり長生きすることがわかります。その寿命をまっとうせずに生涯を終えたことになります。抜けた頭髪からAGAの可能性を知ることが可能です。

ただ毎日抜け落ちる頭髪というのは50本から100本ほどと言われており、そのなかにそのような髪の毛があってもおかしくはありませんので、細く先が尖っているような頭髪の数が多ければそれだけAGAの可能性が高くなります。このような兆候を前もって知ることができますので、頭髪が少なくなり頭皮が透けて見えるような状況になる前に気付いて起きたい兆候です。

そのような抜け毛が多くなったことに気付けば、それだけ早く治療を開始することができます。どんな病気もそうですが、AGAという症状は治療が早ければそれだけ効果的に改善に向かうことができます。頭皮が見えるような状況になる前に、なんとかして抜け毛の状態を推し量り、治療を開始することをおすすめします。自分でも気づけますので、時々抜け毛に着目してみましょう。

AGAかと気にし過ぎない

髪の毛を洗っていると抜け毛が多くなる、鏡を見た時に髪の毛にハリが無くなって来た、薄くなっているような気がする、毛が細くなったように感じるなど、薄毛の症状と言うのは髪の毛が抜けたり、ボリュームが減る事で気になり始めるものです。

また、薄毛は男性だけではなく、女性も薄くなるケースが多くなっており、鏡を見た時に薄い部分を見つける事でショックを受けてしまい、ストレスなどにより症状が悪化してしまうと言ったケースも在ります。

薄毛の症状には色々な原因と種類が在ると言います。
しかし、薄くなるとAGAなのではないかと気にされる人も多く、通販店を利用してAGAに効果を持つ医薬品を試してみると言うケースも在ります。

AGAにはプロペシアと言う特効薬が在りますが、プロペシアは薄毛を引き起こす原因になる、正常な状態の男性ホルモンを強制脱毛ホルモンに変換させてしまう、5α-還元酵素を阻害する性質が在り、プロペシアを服用し続ける事で強制脱毛ホルモンを抑制させ、抜け毛を減らして発毛の期待が出来るようになると言われています。

しかし、プロペシアは遺伝子検査を受けるなどAGAの症状を特定する事や医薬品の副作用や効果など血液検査を受ける事が推奨されており、通販店でジェネリック品を利用してもAGAの症状ではない薄毛の場合には効果が期待出来ませんし、女性などがプロペシアを服用した場合、恐ろしい副作用を引き起こす可能性が在るため、抜け毛が多くなってきたと感じた時にAGAと過信するのではなく、無料で受ける事が出来るカウンセリングを利用するなど、AGAの専門病院での検査を受ける事が薄毛対策には必要で在り、気にし過ぎない事が大切なのです。

AGAだから治るとも限らない

AGAは、男性型脱毛症のことでまだ髪の毛がなくなるにはまだはやい男性がなる脱毛症を指します。正式には「Androgenetic Alopecia」と書くもので症状としては、生え際や頭頂部からの薄毛が進行し、最終的に側頭部と後頭部の場所の髪を残して抜けてしまうというものです。AGAは一度進行すると何の手立てもしなければ確実に髪の毛を失うとされていますが、その一方で治療をすれば防げる可能性もあります。

AGAの原因として考えられているのが男性ホルモンによる作用です。男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が頭部に多く蓄積することで発毛を阻害と考えられています。これは毛は周期的に生え変わっていますが、DHTによってこのサイクルがはやくなり、毛が長く、また太くなる前に抜け落ちてしまうためです。AGAではこの男性ホルモンのDHTの発生を抑制することで脱毛の原因を取り除きます。このさいに使われる薬がフィナステリドを主成分としたプロペシアなどです。
フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として登場しましたが、男性ホルモンの働きを抑制することから脱毛を防ぐ効果が発見され、現在ではAGA治療薬として広く使われています。さらにミノキシジルのような発毛を促進する外用薬がAGA治療では処方されます。

一方でAGA治療はあくまでも男性ホルモンを抑制するという治療法になります。このため男性ホルモンが原因ではない脱毛症であれば効果が出ない場合があります。考えられるものとしては皮膚の疾患やホルモンバランスの乱れ、またストレスや知らないうちに毛を抜いてしまう抜毛症などがあります。このためAGA治療ではその原因を特定することが必要です。